You are currently browsing all posts tagged with 'ルイヴィトン'.
Displaying 1 - 2 of 2 entries.

ルイヴィトン真珠や宝石の芸術の恒久の霊感の源

  • Posted on 9月 12, 2013 at am10:33

スーパーコピーブランドのアクセサリーの発生は大昔の先史文化にさかのぼることができます。その時生産力が極度で低いため、人類の適応する自然下から上まで行ったの過程で、絶えず自然災害の犠牲になります。人類自身の需要を満足させるため、コピーブランド人々の一地方の面積の極地は大自然に請求して、一方は受動的に大自然の与えることと恵みを得ることを望んで、そこで矛盾している文化の心理を形成しました。人の無限な神秘に対する自然な世界、原始の人類の心の中でたくさん非常に不思議で難解なコンプレックスに発生しました。このような人の初めの文化のコンプレックス、各種の芸術の形式を通じて(通って)表して、独特な芸術の形式を形成しました。

旅行、ルイヴィトンコピー恒久の霊感の源。2012年、LorenzBaumerは再度この旅行の魂は最新のVoyagedansletemps(フランス語が意味する:時空の旅を通り抜ける)の高級な真珠や宝石のシリーズを溶け込んで、スーパーコピールイヴィトンしかも初めて1種の伝統の地理(学)の範疇を越える方法で私達を1度の時空の旅に持っ(連れ)て入ります。このシリーズの中で、ルイヴィトンスーパーコピーは古い真珠や宝石の技術のベールを開いて、現代の美学と女性をしなやかで美しく完璧に現れます。真珠や宝石ごとにすべて真珠や宝石の職人の並外れている技術と創造力を溶け込みました:伝統はとモダンで、大昔の記号と未来主義、5段がつかの間のそれなのに永久不変の時空の旅中でいっしょに解け合って、コピールイヴィトンのクラシックMonogram模様の多様性は1つ1つ現れて、ルイ・ヴィトンの若い女性が勇敢に冒険的ですのようで、ランセル (LANCEL)かばんまた風格はとこしえに生き(存在し)ています。

ルイヴィトンコピーのアクセサリーの設計

  • Posted on 9月 10, 2013 at am11:00

ルイヴィトンスーパーコピーアクセサリー、数えきれないほど多いです。人類の文明的な発展史の中で、異なる時期、地域と民族はおのおのの需要によって、無数なアクセサリーの作品を創造しました。長い間、アクセサリーが多く恒久の材質の製作を採択するため、ブランドスーパーコピーずっと後代の人の歴史を考証する重さになって根拠に遊んで、人類の歴史の文明的な過程の目撃証言です。アクセサリーの形式、機能は内包と人類の科学技術と文化芸術の発展が変化が発生することに従います。人類の生活はますます多元化の今日ですで、コピールイヴィトン真珠や宝石のアクセサリーがますます人々に個性の気質を展示するのですだと見なす、芸術の気性をみがく、高まって活性質の最もの芸術の形式を生む。

LouisVuitton(ルイ・ヴィトン、略称LV)のブランドは高い質感のイメージを持っていて、ルイヴィトンコピー販売しかし実は更に絶えず革新の精神を求めることがいて、実は彼らはすべて自分のデザイナーがいて、先に略図をよく設計して、もちろん彼らの設計はすべて革新のただ1つの観念のデザインです。平凡な設計の中で人に最も目立って高尚・上品な感じをあげます。
よく設計した後に、偉大な先生についてこの作品を完成します。先生の会先は真珠や宝石設計の色の組み合わせることを見て、それから協力する使うことをしっかりと行って金属と宝石を推測することができることを注文します。普通な難度の大きいコピーブランド真珠や宝石のアクセサリーは18K金制を選択して使用して、18K金の硬度がちょうど良いため、プラチナの金が厳しい試練に耐えられてあるいは黄金が過ぎるのが柔らかいこと似ていることはでき(ありえ)ない。鋳造はその後とても精密なことを通って作業を磨き上げて、アクセサリーの亮沢がつるつるしていることを確保します。多重の繁雑な工程を通った後に、きれいなスーパーコピー真珠や宝石はやっと店の上のショーウインドーに置きます。ルイヴィトン(Louisvuitton)(普通は繁雑な設計が制の真珠や宝石のアクセサリーを埋め込みする、価格はその他より普通な真珠や宝石費用が高くなるでしょう、そのためブランドがそのため高価です)。